ここではないどこかから

ここどこ。フランス田舎町暮らしの中で想うこと、育児・食べること日常のこと、もっとほんわりした括りの雑感を綴りたい。

共通点

フランス語ではこんにちはのご挨拶のときに、英語のHow are you?同様、「元気?(Ca va? サヴァ?)」と聞くのが普通なのだが、日本語では毎日の挨拶でそんな風に相手の調子を気遣うような挨拶はしない。久しぶりに会った相手なら「お元気でしたか?」とか「最近調子はどうですか?」というシチュエーションはあっても、毎日会う職場の人や近所の人に「今日は元気?」という距離感はないような気がする。

で、私はいつもこの「元気?」の質問を投げかけられると律儀に考えてしまう。もちろん、何事もなく元気な時は問題ないのであるが、調子が良くない時は「ちょっと調子悪いけど、あんまり調子よくないっていうと、理由を話さなくちゃいけないし、まあ元気ってことにしとこうか・・。」みたいに、相手によって「元気?」の答えを変えている。

なぜ、この話題かというと、先日の事故の後、道で会う人々に「元気?」と聞かれて「いやあ、実は事故してしまって・・」と、相手を選んでこぼしていた。相手はほとんどが女性。おそらく話したのは4~5人だと思うけれど、ほぼ全員が「私も同じことあったよ・・」というリアクションだった。中にはまだ赤ちゃんだった娘と一緒で未だにトラウマだという彼女や、去年スリップして車が大破してもう乗れなくなった彼女や、子供たちの冬の送り迎えはもう夫に一任しているという彼女。情けないと凹んでいた自分の肩の力が抜けたのは、共通点があった彼女たちのお陰だった。

SNSを通じて知り合った共通店を持つ彼女達。同じく田舎で仕事がないので、手作り品をネットで販売している彼女。フランス在住ではないけれど、フランス人の配偶者がいて、同じく海外で和テイストのアクセサリーを作っている彼女。

人と違うことに誇りを感じることももちろんあるけれど、同じ環境や境遇、同じ体験を共有できる人たちに支えられているのだとつくづく。ここかしこに、そんな出会いがあることに感謝して。

分かり合うのは「喜び」だけではないけれど、今日のテーマソングはこれ。

喜びを他の誰かと分かりあう! それだけがこの世の中を熱くする!

立ち止まり 息をする 暖かな血が流れていく

心の中でずっとキラキラ弾ける!

...

唾を吐き 誓いたい!それに見合う僕でありたい!

しびれっぱなしの手のひら! 鼻水出りゃこすりながら!

痛快に降る雪の中歩いてく!

「痛快ウキウキ通り」小沢健二


小沢健二 - 痛快ウキウキ通り