ここではないどこかから

ここどこ。フランス田舎町暮らしの中で想うこと、育児・食べること日常のこと、もっとほんわりした括りの雑感を綴りたい。

フランスでリストラ

ひょんなことから10年以上前にパリで働いていた時の同僚とネット上でつながった。SNSなどで繋がっている人たちもいることはいるのだが、そこまでの仲でなければ彼らとの時間は止まったまま。どんな風に歳をとっているのかも、近況も知らない。

私はパリで数年勤めた企業を不本意な形で退職することになった。いわゆるリストラなのだけれど、当時の社長の個人的な恨みを買ってしまい、自分の結婚式の休み明けに解雇を通達されるというかなり酷い仕打ちを受けた。しかも、フランスでは労働者保護の観点からそうそう解雇はできない。解雇が可能となるケースには経済的な理由での解雇と、従業員自身が重大なミスを犯した場合の2パターンがあるが、経済的な理由解雇の人数制限が企業ごとに設けられていて、すでに数人解雇した後で枠がなくなったのか、後者のケースである重大ミスをでっち上げられた。

同僚が数人解雇されていく中、次は自分の番でないかとは感じていたのだけれど、夫と日本へ行くことを決めていたし、ずっと勤めるほどの思い入れもなかった私は、それならそれでと悠長に構えていた。

ただ、自分がその当事者となった時、またありもしないミスをでっち上げられた時、これは泣き寝入りできないと腹をくくった。友人のつてで弁護士を紹介してもらい、解雇はされても名誉を守るために闘おうと思った。

当時、日系企業にいた私は無能な駐在員の上司達にうんざりしていたし、彼らのフランス人従業員には物が言えない管理能力のなさ、反対に日本人従業員への要求の高さにも腹を据えかねていた。年末の給与交渉の面談でも、減給が嫌なら辞めろというハラスメントを受けていた。少し大人になった今の私ならもう少し波風を立てずに対応できたのかもしれないけれど、フランス人や男性に対してなら絶対に放たない言葉、日本人の若年の女性だから浴びせられている言葉に不当さを感じていたし、なんとなく先に辞めさせられた人たちの想いを勝手に背負っていたのかもしれない。

しかし事態は急変する。解雇前の面談というのが何度か行われるのであるが、その直前に妊娠が発覚したのだ。フランスの雇用法では妊娠中はいかなる理由でも解雇できない。ただ、公然に解雇を言い渡された私が居残るというのもまたおかしな話だったし、日本への帰国が決まっていたので自ら辞職するより解雇され賠償金を貰える方がよいと考えた。ただ。職業上のミスが原因の場合は、従業員のミスなので退職金は望めない。

解雇前の面談は、通常は従業員の権利を守るため、労働組合員の同席で行われる。すでに同席を同僚にお願いしていたのだが、当日私はそれを断り、一人で面談に臨んだ。

形式的に「次の理由であなたを解雇します」というおそらく弁護士と練った文章を読み上げる社長と人事担当者を遮り、私は次の言葉を言い放った。

「あのう、そこまでして私を解雇したいのはよくわかりました。でもこれらが嘘だというのはご存知でしょう。実は私は妊娠しています。法律上解雇できません。診断書をご覧になりますか?もしも解雇されたいのなら、これから賠償金の交渉を始めてください。」と。

折りたたんだ診断書の紙を開いて見せようとする私を社長が遮った。「いや、見せなくていい。それより、大事な時にストレスを感じさせてしまってすまない。」長らく私を敵対視してきた社長から出てきた初めての思いやりのある言葉だった。その言葉で、やっと対等に話ができると思った。その後は、私の優位で交渉が進んだ。その時のタイミングで私たちの所に来てくれた娘はまさに救世主そのものだった。今思い返しても、偶然と必然の妙を感じる。

ただ、これらのやり取りの実情については何の記録も残らず、もちろん同僚たちは知る由もなく日々が過ぎていた。そういえば、リストラがあったのも11月くらいだった。冬の寒さとつわりの感覚、何かに守られているという確信、自分が正しく新しいことに向かって進んでいるという想い、なんかそんなようなこと達が入り混じった想い出がよみがえる。

つながった同僚のお陰で、10年前から変わらず勤めている同僚たちが沢山いることを知った。当時の駐在員はとっくに日本に帰っているだろう。年末にパリに行くついでに彼らの顔を見てみたい。