ここではないどこかから

ここどこ。フランス田舎町暮らしの中で想うこと、育児・食べること日常のこと、もっとほんわりした括りの雑感を綴りたい。

「日の名残り」と「並行世界」

ブームに乗ってカズオ・イシグロの「日の名残り」読了。まず第一に感じたのが翻訳書が苦手な私も読みやすい素晴らしい翻訳。彼の母国語が日本語だったから?語り手である執事が簡潔に理路整然と物事を伝える語り口だから?などと想像してみるが、彼の他の作品を読んでみたいと思わせてくれた。 

全体に亘り続くドライブ旅行の時間軸と回想シーンの時間軸が二つあるのも面白く、主人公がみた田園風景と私が普段運転しながら見るこの辺の風景が重なってとてもリアルに感じたりもした。

読み進めるまで、こんな最後の展開に辿り着くなんて想像もつかなかったので、驚きとともに心が揺さぶられる。まるで映画のラストシーンのように映像が浮かんだ。(映画化もされているようだが私は観ていない。)この感じは何処かで体験していると思ったのと同時に浮かんだキーワードは「並行世界」。大好きな小沢健二の「流動体について」でも歌われているし、日本へ帰る機内で観た「ラ・ラ・ランド」のラストシーンだ!とパズルのピースがはまった気がした。

語り手は自身の間違いに向き合うことなく、完璧な忠誠の名の下、自身で決断を下すことなく人生を歩んできた。最後に自分が犯した間違いに気づき、認め、やっと自分の人生における小さな決意をする。その小さな決意がなんとも可愛らしくユーモラスで、ホッコリとしてしまうのだが、そこにこの作品の魅力が凝縮されているように感じた。

誰にでも、あの時こうしていたら?という分岐点はあって、その最中にいるときは流れに身を任せているようだったり、流れに抗えなかったりするものなのかもしれない。或いは、第六感的な勘でエイっと選んでしまったり、深く後先考えずに決めてしまったこともあるだろう。私自身、思い当たる節は数知れない。

では、並行世界の私はどんなだろうと妄想してみる。彼女もきっと幸福や不満をだいたい同じくらいに抱えて、その時々を頑張ってるんだろうなと同士を得た気持ちになる。そっちはどうだい、上手くやってるかい?こっちはこうさ、どうにもならんよ。なんて時々話しかけるのもいいかも。(あくまでも心の中で)

 

 

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

 

 

流動体について

流動体について

 


サニーデイ・サービス「青春狂走曲」