ここではないどこかから

ここどこ。フランス田舎町暮らしの中で想うこと、育児・食べること日常のこと、もっとほんわりした括りの雑感を綴りたい。

フクロウの歌~10歳娘の創作物語~

以前に小沢健二SEKAI NO OWARIの新曲CDがはるばる届けられた日の出来事を書いた。

以来、すっかりこの曲の虜となった子供たち。毎晩のようにCDをかけるように急かされ、子供たちは思い思いに歌ったり、体を動かしたりして、フクロウ祭りを繰り広げている。 

tkchbn.hatenablog.com

 今年から水曜日は学校が休みになった娘(10歳)が、昼下がりに1枚の紙を渡してきた。最近、思春期の入口なのか、めっきり言葉数が少なくなった娘は、「はい、見ればわかるよ!」と言い残していった。

読んで見るとフランス語でぎっしりと何やら書いてある。タイトルは「フクロウの歌」。大好きになった『フクロウの声が聞こえる』※をフランス語に翻訳したのかと思いきや、なんと曲に着想を得た創作物語を書いたという。曰く、翻訳より分かりやすいでしょとのこと。読んでみて、思わず感嘆してしまった。まずは、フランス語の文章力のついたこと。たった1年足らずでここまで書けるようになるとは・・。私の語彙力も文章力も抜かれた。そして、詩の解釈について。10歳なりにとても深く読み込んでいるのだと。

と、親ばかの日記となってしまいそうだが、もしこの曲を好きな方がいたら共有したく、下記に原作・娘(原文フランス語)わたくしめ母・和訳の創作文をご紹介したい。

※この『フクロウの声が聞こえる』の歌詞をご存知ない方はこちらから。

 

フクロウの歌

Le chant du hibou

食卓についていたティモテにパパが森に散歩へ行こうと言った。毎晩のことだが、ティモテが、「チョコレートのスープを見に行こう!」というと、パパはまたいつものように頷いてくれた。

Timothée était à table quand son papa lui proposa une balade dans les bois: comme tout les soirs, Timothée répondit "On vas voir la soupe aux chocolat!?" 
Et comme tous les soirs, son papa fait "oui" de la tête.

マフラー、手袋、毛糸の帽子、準備万端。

Écharpe, gants, bonnet...Rien ne manque.

パパはドアを玄関の扉を開けた。ブルブルッ、何て寒さだ!

Le papa de Timothée ouvre la porte...Brrr! Quel froid de canard!
しばらく歩くと、パパが耳に手を当てた。
Ils marchèrent un moment puis le papa tendit l'oreille: 
「聞こえるかい?フクロウだよ。」ティモテも耳を澄ました。
「あ、聞こえる。それに、チョコレートのスープの大きな魚が飛び跳ねる音も!」
"Tu entends? C'est un hibou" Timothée la tendit à son tour: "Ah oui, on entend aussi le gros poisson de la soupe aux chocolat!"
パパは驚いた。そして、ティモテも。
Papa était émerveillé. Et Timothée aussi.
静けさの中、チョコレートの上空を飛行機が横切った。ティモテは、枯葉を手に取りチョコレートに浸してみた。
Le silence se fit d'un coup et un avion coupa la soupe aux chocolat. Timothée pris une feuille morte qu'il trempe aux chocolat.
枯葉はみるみるうちに沈んで消えた。「パパ、まるでスープが葉っぱを飲み込んだみたいだよ。」
La feuille disparut aussi tôt. "On dirait que la soupe englouti la feuille, Papa!" fit remarquer Timothée.
「おまえは想像力が豊かだな。」とパパは笑って言った。
"Tu en a de l'imagination!" Rigola son papa.
「ねえ、願い事の時間だよ!」とティモテは言うと1円玉を泥水に投げた。パパも同じようにした。
"Allez, c'est l'heure de vœu!" Timothée pris une pièce de 1 Yen et la lança dans la boue. Son papa fit ainsi.
そして、手を叩いてから目を閉じた。
Puis ils tapperent dans leurs mains et ferma leurs yeux.
「ハムとイチゴジャムが一緒にある世界になりますように!」とティモテが言うとパパが続けた。
Timothée dit "Je veux un monde avec...le jambon et la confiture à la fraise ensemble!" 
「うそとほんとうが一緒にある世界になりますように!」
Son papa poursuivit "Je veux un monde avec...les mensonges et les vérités ensemble!"
フクロウの声が聞こえた。魚がヒレで水音をたてた。
Les hululement du hibou se fit entendre. Le  poisson agite ses nageoire.
「願いが叶ったね!」ティモテが笑って言った。
"Je crois que ça marché!"  dit Timothée en rigolant.
「いやあ、その通りだね。」とパパも返した。
"Oui, tout à fait.", dit son papa.
「さあ、そろそろ帰ろうか。」
"Et, si on rentrait maintenant?" 
二人は手をつないで歩きだした。
Et ils partirent main dans la main.
 
おわり
Fin

 

もし、これが全部夢だったら?
et si tous cela n'était qu'un rêve?
 
と、ティモテとパパが森を散歩する話なのだが、彼女は何十回と曲は聞いていたけれど、その背景や詩の内容について、二人で話題にしたことはない。すべて彼女の頭の中で作り上げられたことのようだ。木の棒を持っている少年が描かれたCDジャケットの絵からも着想を得たのかもしれない。
娘にとって、願い事をすることは神社のお参りのイメージだったようで、チョコレートのスープを神社の祭壇に見立てて、お賽銭(1円)を投げ入れて、願い事をパパと言い合うところが面白い。しかも、チョコレートのスープ(池)を神様か宇宙か、自分の力の及ばない壮大なものに例えて、願いを叶えてほしいと祈るという発想を、歌詞から感じ取ったとしたら、子どもの心はなんて純粋で自然で野性的なのだろう。そして、フクロウの声と魚の音を聞いて、願いが叶った!と確信する。また、歌詞では「ベーコンといちごジャムが一緒にある世界」なのだが、ハムと書いたのは彼女にとっては同じようなものだからだと思われる。
 最後の一文もなかなかミステリアスで良い。現実世界もちゃんと検討している10歳女子。
 
この物語はCDジャケットに入れておかなくては。まさにプレミアム付きCD。