ここではないどこかから

ここどこ。フランス田舎町暮らしの中で想うこと、育児・食べること日常のこと、もっとほんわりした括りの雑感を綴りたい。

旅行の〆はアヌシーで

ニース→イタリアはトリノで過ごした夏休み最終旅行。帰りは真っ直ぐ帰ってもよし、また何処か一泊してもよし、というノープランな状態で最後の朝を迎えた。

真っ直ぐ帰る?折角だし何処か寄る?の答えのない問いかけ合いを暫し続け、夫のアヌシー行ってみる?の鶴の一声で帰り道のルートが決定した。

高速道路を交代で運転するとあっという間にバルドネッキアという国境の村へ。そしてフランス側に入るトンネルがあるという案内板の通りに行くと料金所があり、支払いを促される。カードを出すと同時に表示された料金にあんぐりする夫。42ユーロとある。え?何これと戸惑うもここを通過しなければ帰れないらしい。何これ高くない?何だよこれ、新宿のぼったくりバーかよ!と、夫は思いつく限りの悪態をつきながら、素晴らしく快適なトンネルを通過した。

まあまあ、と夫を宥め賺しながら、アヌシーへ。激混みの駐車場になんとか駐車して、アヌシー湖畔をしばし歩く。雄大なアルプスの麓に広がる湖畔。透き通った青色の水。鴨の足の動きもくっきり見える程。旧市街の街並みヴェニスのように美しい。でもやはり、ザ・観光地な雰囲気の中、本屋をみたり、カフェで一服した後は、長居は無用と帰路に就いた。

夜遅くオーベルニュの地元に着くとヒンヤリした清々しい空気。夜ともなると人通りも店の灯りも殆どないわが町を見て、あゝ何もないとこに帰って来てしまったという虚しい気持ちと、安堵の気持ちが入り混ざり溜息が出た。ただ、子供たちと夫、家族で過ごすことだけが、ここに住むことに意味を与えてくれているように思った。ここではないどこか。夏の間に来ていた人達もだいぶ去って行ったらしく、家家の灯りも消えていた。

夏は行ってしまった。これから長い秋、そして冬のはじまりはじまり。

サニーデーサービス 「夏は行ってしまった」


Sunny Day Service - 夏は行ってしまった【official video】

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村