ここではないどこかから

ここどこ。フランス田舎町暮らしの中で想うこと、育児・食べること日常のこと、もっとほんわりした括りの雑感を綴りたい。

夏休みカウントダウン旅行はニースから

友人に会うためニースへ行き、そのついでに北イタリアを廻ってアルプスを抜けて帰ってきた。夏の間働きづめだった夫がようやく取り付けた一週間の休みに、もともと行く予定だったニースから、車で回れる範囲での旅行を私が勝手に企画したというのが本当のところ。

ニースに住む友人の40歳サプライズ誕生日パーティーに行くため、家族でこっそりニース入りしたのだが、流石にニースだけあって、人も車もごちゃごちゃとしていて、田舎の山の上から行った私達には暑さも空気の悪さも息苦しく感じる程。インターネットで予約したアパートホテルの場所は汚い感じの地区にあり、バスや車の往来も激しく、うるさく、とてもリゾート地ニースとは掛け離れたイメージ。

地元の方がよっぽどリゾート感あるよなあと皮肉を垂れながら、あくまでも友人と過ごすためと割り切ってニース滞在は乗り切ることにした。

それでも、私は知らない街を歩いてみたい。何処か遠くへ行きたい。タイプなので、夫や子供達が昼寝や不貞寝をしている間にプラプラとその辺りをハングアウトしてみたりしていた。

都会の街には必ずいるホームレスの人達。きっと移民だと思われる家族連れ。息子と同じくらいの歳の子供が外で寝ている。中華料理のテイクアウトのお惣菜屋も沢山あったな。ビーチでは双子ルックみたいなゲイのカップルも沢山見かけた。あと、なぜか水着でなくピッタリしたトランクス?で泳ぐ中国人男子達。身につけているのは高級そうな物ばかりなのになぜ?の不思議。

と、必ずしもゆっくりとバカンスを過ごす場所でなくても、街を見て歩くことは目を開かせてくれる。と、夏休み最後の悪あがき旅行のはじまりはじまり。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村