ここではないどこかから

ここどこ。フランス田舎町暮らしの中で想うこと、育児・食べること日常のこと、もっとほんわりした括りの雑感を綴りたい。

森の中の出版社のこと

私達の住まいはフランスの臍オーベルニュ地方にあり、更には標高1200メートル山間の村にある。人口は2800人程らしい。この山奥の村はフランスでは珍しいプロテスタントの信者が多く、その昔迫害にあった人達が隠れ暮らしていた場所らしい。そして、そんな隠れるのにもってこいな辺鄙な場所にあるため、ホロコーストの時には多くのユダヤ人の子供達が疎開していて、村人達は寛大にもこの子供達をかくまい続けたという。他にもカミュが肺結核の転地療養を行った場所でもあるらしい。しかし、この村の名前はほとんど知られていない。

そんな辺鄙な場所のとある森の中に小さな印刷所兼出版社がある。扱う書籍は純文学や詩など、無名の作家ばかりを起用し、印刷も昔ながらの活印刷で自社製本している。amazonや大手書籍店などで書籍を流通させず、フランス全土やベルギーなど提携する本屋に直接営業担当者が自ら運転する車で売り歩く。そんな時代に逆行するスタイルを貫き、創業者は見事に40年近くこの出版社を営み事業を成功させてきた。そして、文学や詩を愛する人々にはある程度知名度の高い出版社になった。

田舎だから出来ないなんてことは何もないのだと、創業者には心底、尊敬の念を抱かずにはいられない。

そして、この創業者は昨年末を以って引退を決めた。後継者として白羽の矢が立ったのが、なんと夫だったのである。正確には夫ともう1名の共同経営になるのだが、夫にも、もちろん私達家族にも青天の霹靂だった。が、このまたとないチャンスを夫は有難く引き受け、私達家族も同意した。

これまで夫は、この出版社から無名の作家として数冊本を出している。この出版社から本を出す作家は他に本業がある人達ばかりだが、夫もずっと仕事の傍ら書き続けている。

今日、この森の中の小さな出版社についての記事が夫の写真と共にフィガロに掲載された。夫が出勤した後、子供達と町の本屋に早速フィガロを買い求めに行ったら、もう売り切れだという。「夫の記事が載ってたのに〜」と残念がると、店の奥から店主のおばちゃんが顔を出して、「今朝旦那さんが買って行ったわよ!しかも2つも!」と言われ、ちょっと恥ずかしかった。

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村