ここではないどこかから

ここどこ。フランス田舎町暮らしの中で想うこと、育児・食べること日常のこと、もっとほんわりした括りの雑感を綴りたい。

ただいま

3週間半の一時帰国を終え、フランスへ戻った。羽田行きのバス停で見送りに来た母と別れた。バスが発車した時、10歳になったばかりの娘は静かに涙を流していた。もらい泣きした私の顔を見て泣き顔の娘が吹き出して笑った。ママの泣き顔がブサイクとのこと。これからもこんな別れを重ねていくんだねと笑顔で話し合った。

深夜便は素晴らしく子供達がよく眠り、体調も良くCDGに着くと、TGVに乗り換え一路リヨンへ。夫の実家で週末まで滞在させてもらい、週末に夫が迎えに来る段取りだった。

夫の実家がある場所は、初めて行った時、ここはビバリーヒルズか?という印象の豪邸が立ち並ぶ地区で、庭にプールがスタンダードらしい。子供達はプール三昧の日々を満喫しパパとの再会を待ちわびていた。

夫と義父の間には長年の確執があり、いつも夫の実家に行くたびに、私は二人の間に流れる冷たい空気を感じては、夫が受けるダメージを想って気が重かった。夫のいないプール三昧の日々は、そういった気を使わない分、楽しく過ごせた。

夫が到着しその日は夫も泊まることになった。夕食前、夫は子供達にプールへ入ろうと声をかけた。しかし、プールで待てど暮らせど夫は戻らない。すると、義母が、義父と夫が話しているからちょっと待ってね、と言いにきた。しばらくして、出て来た夫の目は薄っすらと潤んでいて、続いて出て来た義父は晴れやかな笑みを浮かべていた。それから、予定外に2泊も滞在することになり、義姉家族も合流し笑いの絶えない週末を過ごした。これまで、フランスに戻ったのに、夫の実家との距離が縮まないことを思い悩んでいたことが嘘のようだった。

帰りの車中で娘と、パパとおじいちゃんの間に何があったんだろうね。と、日本語で話し合った。日本語が少しわかる夫は、その会話を聞き、今度教えてあげるよ。と嬉しそうにしていた。

 

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村